40歳から意識したい更年期、女性ならだれでも通る道。 新しいホルモン環境に心と体が慣れるための準備期間です。 ネガティブなことばかりではなく、この時期こそ元気をチャージするチャンス!! セルフケアと元気サプリで更年期を乗り切るヒントをご紹介します。

生理不順は女性ホルモン(エストロゲン)の減少から始まります。

いつ、どこから更年期?
っていうのが、更年期世代(40代過ぎ)の大きな疑問であり、問題!!

女性ホルモン(エストロゲン)の減少は、まず月経不順から見られるそうです。

女性ホルモンの減少初期

 

これもまた、個人差がありますので、
あくまでも統計としては、最初は月経の頻度が多くなり、
そのうちに感覚が空くようです。

 

 

それを繰り返していくうちに、閉経へと進みます。

 

 

このころから、更年期の症状である発汗・ほてり・ホットラッシュなどが、
見られるようになるみたいです。

 

女性にとっては、お肌の悩みもこのころから変わってきますね。
肌が乾燥したり、ゆらいだりするのも実感できるかも。

 

女性ホルモンって、体のなかでこんな役割をしています。

 

  • 血管を強くする。
  • 骨を強くする。
  • 動脈硬化を予防する。
  • 善玉コレステロールを増やす。
  • 物忘れを予防する。
  • 内臓肥満を予防する。
  • 髪のツヤを保つ。

 

いろんな役割を女性ホルモンが担っています。

その女性ホルモンが減り始めるサインが、更年期の始まりのサインでもあるんですよね。

 

 

女性ホルモン(エストロゲン)の減少、でも終わりではない始まりなのだ!

女性のカラダの中でエストロゲンの分泌が減少するのは、
年齢とともに、卵胞の数が急激に減って卵巣が委縮するかららしいです。

 

月経が不順になる40代半ばのエストロゲンの量は、50pg/ml。
これは、初潮を迎えた思春期のレベルらしいです。

 

そして閉経で卵巣が分泌するエストロゲンはほぼゼロになるそうです。

 

女性ホルモンが減少しゼロになる。

 

なんか悲しい感じがしますが、実はそうではない!!

 

閉経は体が新しいホルモン環境を迎える再スタート地点です。

 

閉経前に起こる症状は、ホルモン状態が不安定で、
次へ向かう移行期、これが更年期です。

 

エストロゲンは、脳の下垂体から分泌されるFSHと呼ばれる
卵胞刺激ホルモンが、卵巣を刺激することで分泌されます。

 

月経が順調なのはFSHに卵巣が応えているサインでもあります。

 

なので40代後半でもFSHのサインでエストロゲンが、
順調に分泌される場合もあって、そういう時は調子がいいはずらしいです。

 

月経が順調なうちは、FSHの量も少なく抑えられている状態、
ですが、卵巣がそれに応えられなくなると、FSHの量が増えるそう。

 

月経だけのサインでも、更年期へ向かっているということが、
ちょっと伺えますが、更年期にはいっているかどうか?
気になる人は、まず血液検査を受けてみるといいらしいです。

 

エストロゲンの量や、FSHの量を明確に知ることで、
セルフケアに役立てるといいと思いますよ^^

 

参考にどうぞ!!

 

 

 

今日の記事はいかがでしたか?
参考になったら、ぽちっとクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール


はじめまして、どりです。
50歳を迎えました。
まだまだこれから!!
だからこそ、元気でキレイに
過ごせるように・・・・
更年期もポジティブに・・・・・

⇒ もっと詳しくプロフィール

◆お問い合わせ◆
相互リンク募集中!!
気軽にお問い合わせくださいね♪
⇒ 問い合わせフォーム