40歳から意識したい更年期、女性ならだれでも通る道。 新しいホルモン環境に心と体が慣れるための準備期間です。 ネガティブなことばかりではなく、この時期こそ元気をチャージするチャンス!! セルフケアと元気サプリで更年期を乗り切るヒントをご紹介します。

更年期世代の口臭ドライマウスが原因!簡単なセルフケアとは?

中高年(更年期世代はそうなのよね^^)に多いというドライマウス。
今では、若干ですが若い方にも広がっているらしいです。
 

女性ホルモンが減っていくと、体の潤いもそうですが、
お口の中の乾燥も進むらしい。

 

簡単なセルフケアってあるのかしら?

 

 

 

ドライマウスの原因と対策
更年期世代からのカラダの変化。
ドライマウスの原因もそのひとつと考えられています。

 

本当につくづく女性ホルモンが低下すると、
いろんなところに、症状がでるもんだ!!
って思いますよね。

 

唾液の分泌量も、減少するので当然ならが、口の中が乾いてくるわけね。

 

唾液の分泌って、自律神経がコントロールしているらしいの。
女性ホルモンが低下すると、自律神経が乱れてくるでしょう?
唾液の分泌量が減ってしまうことで、ドライマウスになるケースが多いわけ。
 

ただ、はっきりしないことも多いらしい。
 

それに、唾液には口の中をクリーニングする働きもあるので、
ドライマウスになって唾液量が少なくなると、口臭が出やすくなるし、
虫歯・歯周病のリスクが高くなるらしいです。

 

最近若い方に増えているのが・・・

  • 生活習慣の乱れ
  • ストレスによるもの
  • 薬の副作用によるもの

 

などもあるそう。

 

ドライマウスも侮っていると、症状が悪化して、
違う病気にもなっていくこともあるみたいです。

 

毎日の習慣で、できることからセルフケアしていきましょう!

 

 

唾液腺の機能を高めるストレッチで、唾液量アップをはかる!

ドライマウスにならないようにするためには、
まず規則正しい食生活!!(本当、これにつきますわっ!!)
 
よく噛んで食べることも基本的なことだけれども、唾液腺を鍛えることも重要だそう。

 

唾液腺を鍛える?って????
 

口周りを鍛えると、唾液腺も鍛えることが出来るらしいです。
 

◆口唇のストレッチ
口を大きく動かして、「あ」「い」「う」「え」「お」と、
ハッキリ発音する。
(1分くらい繰り返すといいらしい)
 
◆舌のストレッチ
舌先で上下の歯茎の裏側全体に触れてみる。
舌をいろいろ動かすのがポイントです。
※舌を動かすことで、唾液量が増えるらしい。
 

 

他にも、ガムを噛んだり唾液腺のマッサージなども効果的だし、
簡単に取りいれることができますよね^^

 

病気によるドライマウスの場合と違って、更年期世代のドライマウスならば、
セルフケアでも、症状が軽くっていくらしいです。

 

すごーく気になる場合は、3ヶ月に1度は、歯科で定期検診と、
口腔ケアをする習慣をつけるといいそうですよ^^

 

 

 

チェック!

「ドライマウスの予防」については、
コチラのサイトを参考にしました。
ドライマウスの予防とケア│byライオン

 

 

 

 

参考にどうぞ!!

 

 

 

今日の記事はいかがでしたか?
参考になったら、ぽちっとクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール


はじめまして、どりです。
50歳を迎えました。
まだまだこれから!!
だからこそ、元気でキレイに
過ごせるように・・・・
更年期もポジティブに・・・・・

⇒ もっと詳しくプロフィール

◆お問い合わせ◆
相互リンク募集中!!
気軽にお問い合わせくださいね♪
⇒ 問い合わせフォーム