40歳から意識したい更年期、女性ならだれでも通る道。 新しいホルモン環境に心と体が慣れるための準備期間です。 ネガティブなことばかりではなく、この時期こそ元気をチャージするチャンス!! セルフケアと元気サプリで更年期を乗り切るヒントをご紹介します。

閉経後の方が辛い?更年期の症状ってどんなん?

更年期の期間って、閉経前5年間閉経後5年間の合わせて10年。

 

なんかすごーく長く感じますよね。
閉経すれば、更年期の症状も落ち着くのか?っていうと、
これも人それぞれ。

 

閉経後の方が辛いなーって、感じる場合も実はあるんです!!

 

 

更年期の症状閉経後する時って、女性ホルモンの減少が急激になります。

そのために起こる症状が更年期のいわゆる辛い症状。

 

閉経したのに続くのか・・・・?

 

 

そう考えると、生理が無くなるので、
月経前の腹痛などは、全然なくなると思いますね^^(私も実際そうだったので・・・)

 

ただ、ホルモンの減少の度合い(スピード)によって、
症状の度合いも変わってくる。
というのが現状です。
 

女性ホルモンが緩やかに減少していた方は、
比較的閉経前の症状などが緩い場合があるんですが、
閉経に向かって、急激なホルモンの減少にはついていけず、
閉経後に辛い症状がでてくる・・・というケースもあるみたいですよ^^

 

女性ホルモンって、スプーン1杯の少ない量なのに、
こんなに体に影響があるとは????って思います。

 

閉経後に更年期の症状が辛くなった時、どうしたら?を考えました。

 

 

閉経前からの準備が必要!治療はあとからでも大丈夫!

私の場合は、閉経後の症状があまりなかったり、
閉経前も更年期の症状的には軽かったというのもありますが、
意識は全然変わりましたね。

 

心も体も健康で・・・っていうのが一番ね!!
って、素直に思えるようになりましたもの。

 

閉経後の更年期の症状を少しでも軽くするためには、
閉経前からケアを、おススメします。

 

「更年期かも・・・?」と、意識し始めてからでも間に合うので、
準備しておくといいと思います。

 

女性ホルモンの減少で起きる更年期の症状。
ピンポイントでいってしまえば、女性ホルモンを強化することですよね。

 

女性ホルモンを増やすには、HRT(ホルモン補充療法)が一番即効性があります。
注射するの?というイメージもあるかもしれませんが、
今って、錠剤・パッチタイプ・塗るタイプなどもあります。

 

更年期の症状の改善に働くのは、やはりエストロゲン。

エストロゲンとプロゲステロンのバランスもそうですが、
どう治療を行っていくか?いつまでか?ということも婦人科で
しっかりカウンセリングする必要があります。

自分でできるセルフケアとしては、やっぱり何かのサプリが必要かと思いますね^^

 

閉経後の女性のトータルサポート的なサプリは、とっても有効!!

 

HRTは、即効性はあるけれども治療前に、自分で出来ることを
やっていくということも、選択肢として考えておいてくださいね。

 

サプリは栄養補助食品ですよね?
閉経後は年齢もそうですが、女性ホルモンがない分、
今まで女性ホルモンが補っていたものを、カバーしなければね。

 

それだけではなく、閉経後の健康面もサポートしていけるようなものを、
チョイスしなければ!!

 

閉経前からの準備は、閉経後の更年期の症状緩和にもつながります。
サプリメントはお手軽ですが、体にとって強い味方になりますよ^^

 

参考にどうぞ!!

 

 

 

今日の記事はいかがでしたか?
参考になったら、ぽちっとクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール


はじめまして、どりです。
50歳を迎えました。
まだまだこれから!!
だからこそ、元気でキレイに
過ごせるように・・・・
更年期もポジティブに・・・・・

⇒ もっと詳しくプロフィール

◆お問い合わせ◆
相互リンク募集中!!
気軽にお問い合わせくださいね♪
⇒ 問い合わせフォーム