40歳から意識したい更年期、女性ならだれでも通る道。 新しいホルモン環境に心と体が慣れるための準備期間です。 ネガティブなことばかりではなく、この時期こそ元気をチャージするチャンス!! セルフケアと元気サプリで更年期を乗り切るヒントをご紹介します。

更年期と更年期障害とは?

女性なら誰でも経験するのが、更年期です。
女性は、成長をする過程で体も心もいろいろな変化が起きてきますよね。
 
生理が始まり、女性は大人の体へと変化していきますが、
逆に、閉経へ向かうために今度もまたいろんな変化が起きてきます。

 

更年期と更年期障害とは?

 

更年期にさしあたる時期は、個人差もありますが、
閉経前後の5年(10年間)を更年期といいます。

 

更年期の時期には、体の変化だけでなく、心の変化も表れます。

 

更年期に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減るといった
生理的変化さまざまな体・心のトラブルを「更年期障害」
というわけです。

 

 

 

更年期は低年齢化している?

更年期の時期は、個人差があります。

 

閉経年齢の平均が50歳といわれますが、
それを基準に自分であてはめることもできますが、
最近では、低年齢化しているといわれます。

 

更年期の症状については、詳しく記載はしていきますが、
35歳を過ぎたあたりから、体調の変化を感じることがあるかと思います。

 

  • のぼせ
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 関節痛
  • イライラ

 

更年期障害は、卵巣の機能が低下したことによる女性ホルモン(エストロゲン)の減少が
引き起こす重い症状のことです。

 

ほとんどの20~30代女性は卵巣の機能が安定しているはずですから、
更年期の症状が起こることはないでしょう。

 

ですが、過剰なストレスや不規則な生活が続くことによって、
自律神経のバランスが崩れる場合もあるそうです。

 

このことによって、エストロゲンが減少して、
更年期に似た症状も起こり始めるそうです。

 

ただ、若年性更年期障害の場合は、更年期に起こる更年期障害と違い
卵巣の機能が衰えたとかそういうのではありません。

 

卵巣そのものは元気なのですが、女性ホルモンが分泌されない、
または作られない状態になることで、
更年期障害とされる症状が出るとされているのです。

 

現代では、食生活や環境の変化によって、
さまざまなストレスを抱えていますよね。

 

若いからと言って、過激なダイエットをしたり、
偏った食生活をしたりしていると、ホルモン異常が発生し、
更年期に似た症状に悩まされる場合もあります。

 

なるべく規則正しい生活をし、食生活の見直し、
ストレスをためないようにするなど、若年性更年期の場合は、
セルフケアで改善する場合もあるので、若いからならちょっと自分の生活を、
見直してみてくださいね。

 

平均寿命が長くなっている今なので、
更年期を「終わりの時期」というネガティブな考え方ではなく、
「人生の節目の時期」と捉えてください。

 

「更年期治療」「更年期予防医療」など、
女性ホルモン系の症状改善方法は、沢山出てきている。
ということを知っておいて、毎日を元気に過ごすために、
役立つ情報を、入手しましょう。

 

 

 

今日の記事はいかがでしたか?
参考になったら、ぽちっとクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール


はじめまして、どりです。
50歳を迎えました。
まだまだこれから!!
だからこそ、元気でキレイに
過ごせるように・・・・
更年期もポジティブに・・・・・

⇒ もっと詳しくプロフィール

◆お問い合わせ◆
相互リンク募集中!!
気軽にお問い合わせくださいね♪
⇒ 問い合わせフォーム