40歳から意識したい更年期、女性ならだれでも通る道。 新しいホルモン環境に心と体が慣れるための準備期間です。 ネガティブなことばかりではなく、この時期こそ元気をチャージするチャンス!! セルフケアと元気サプリで更年期を乗り切るヒントをご紹介します。

ホルモン補充療法(HRT)保険適用と副作用は?

更年期に入ると、女性ホルモンの低下が加速的に進みます。
そこで、欧米ではポピュラーなホルモン補充療法(HRT)
 

ホルモン治療というと、なんか副作用が怖い感じもしますよね。
漢方でも更年期の女性にも、相性がいいらしいです。

 

 

更年期の悩み女性だけでなく、男性も更年期というのがあるみたいですが、
女性の方がピントくるかも知れませんよね。

 

誰もが通る道、更年期です。

 

 

ホルモン補充療法は、まず自分の体をチェックしてから入ったほうが、
いいかと思います。
 

本来ならば、婦人科で検診を受けたほうがいいのでしょうが、
自分が更年期とは解らず、内科・皮膚科などで診断を受ける方もいるようです。
それが、過剰検査になっているという調査も出ているくらいです。

 

ですが、薬を投与して治療にあたるわけなので、副作用も心配です。

ちょっと調べみたので、参考になればと思います。
 

ホルモン補充療法(HRT)の副作用と保険適用

HRTの副作用は、ずばり不正出血だそうです。
女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲストロンの2種類あります。
これを薬でバランスよく補充していくので、出血を起こす場合があるそうです。
 

その他にはこんな症状もあります。

  • 乳房が張って痛い。
  • 下腹部が痛い。
  • おりものがたくさん出る。
  • 食欲がない。

これは、薬を続けていくうちに改善されるといいますが、
気になる方は、薬の量を変えたりも出来るそうです。

 

また、乳がんのリスクを心配するという方もいるみたいですが、
定期検診を受けていれば、HRTを行っていても心配ないみたいです。

 

HRTは、健康保険が適用されるみたいです。
1ヶ月の薬代としてかかるのは、一番安いもので3,000円くらいだそうです。

漢方を併用したい場合でも、保険が適用される範囲で相談できるみたいです。

 

ただ、美容目的やアンチエイジングのためという場合は、
自由診療になるので、保険は適用されない見たいです。

 

内科でも、HRTの処方をしてもらえるみたいですが、
医師の知識も問題があるということ。

 

HRTを始めると、不正出血がおこる場合もあるのですが、
知識がない医師の場合だと、対処できないこともあるみたいです。

 

なので、婦人科に行くのがちょっとね・・・・という気持ちって解りますが、
やっぱりここは、専門の婦人科で検診を受けるのがいいと思います。

 

更年期は漢方薬でもいいのかしら?

HRTの副作用を心配される方もいるのですが、
安心感を得たいのであれば、やっぱり漢方薬がいいかと思います。

漢方は、即効性はありませんが【効き目】が穏やかで、ナチュラルなので、
副作用もほとんどないそうです。

 

また、漢方薬には骨粗しょう症やアルツハイマーの予防効果
高いそうです。

 

更年期に入ると、疲労感や心の不安定からくるイライラ、のぼせなどが
度々起こりますよね。

 

漢方薬の働きは、生命エネルギー・血の巡り・水分のバランスを整えること。

HRTと併用している方も少なくないそうなので、
自分の体や、現状にあった漢方を選ぶといいかもです。

 

更年期障害は、誰でも通る道です。
ちょっとでも、辛いと思ったら婦人科の検診をおススメします。

 

50歳以上の方でも、体とココロの元気のためにHRTを
始める方もいるそうですよ。

 

沢山のサプリメントを飲む代わりに、HRTや漢方を使うのも、
選択肢の一つとして、知っておくといいですよね。

 
※私の運営サイトから引用しています。
 

 

 

今日の記事はいかがでしたか?
参考になったら、ぽちっとクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール


はじめまして、どりです。
50歳を迎えました。
まだまだこれから!!
だからこそ、元気でキレイに
過ごせるように・・・・
更年期もポジティブに・・・・・

⇒ もっと詳しくプロフィール

◆お問い合わせ◆
相互リンク募集中!!
気軽にお問い合わせくださいね♪
⇒ 問い合わせフォーム