40歳から意識したい更年期、女性ならだれでも通る道。 新しいホルモン環境に心と体が慣れるための準備期間です。 ネガティブなことばかりではなく、この時期こそ元気をチャージするチャンス!! セルフケアと元気サプリで更年期を乗り切るヒントをご紹介します。

ホルモン補充療法(HRT)の特徴と効果・続け方

更年期障害がはじまる前後では、正体がつかめない体の変化・不調が訪れます。
ホルモン補充療法(HRT)は、日本ではあまり聞きなれませんが、
欧米では一般的。

 
更年期障害の治療だけでなく、HRTの大きなメリットは、
先々に起こりうる病気予防など、アンチエイジングにもつながるそうです。

 

 

女性ホルモンの低下によって、引き起こされる更年期障害。

症状は個人によって様々です。

更年期障害の症状

※画像はお借りしています。→あすか製薬

 

  • ホットフラッシュ(発汗)
  • うつ症状
  • イライラ・不快
  • めまい・耳鳴り

など、どうしたものかという感じですよね。

 

女性ホルモンは、女性の体をいろんな面でサポートし守ってくれています。
ですが、女性ホルモンは減少していくけれども、増えることはありません。

ホルモン量もその人の体質ということも考えられます。

女性ホルモン量を増やすには、HRT(ホルモン補充療法)しかないみたいです。

 

ホルモン補充療法と投薬の種類

ホルモン補充療法とは、女性ホルモンのエストロゲン・プロゲステロンを補い、
更年期障害を改善するといわれる治療方法です。

 

HRTは、ホルモンを根本から治す原因治療薬だそうです。

 
女性ホルモンを増加させるには、この方法しかありません。
 

更年期障害と解らず、内科・整形外科・精神科などの診療を受けるか方も
多いらしいのですが、年齢と照らし合わせると、その症状は更年期といえるものが多いそうです。

 

つらい病状で内科や精神科を受診しても、更年期障害と診断されずに、
過剰検査と不適切な薬を処方される場合もあるとか。

 

自分はまだ・・・と思わずに、ちょっと最近・・・と感じたら、
婦人科へ相談に行った方が、更年期障害の本当の意味での対策ができるかもです。

 

HRTの治療方法の投薬も、またいろいろあります。

  • 皮膚に塗る(ジェルタイプ)
  • 貼る(パッチ)
  • 飲む(錠剤)

これらを組み合わせた、併用療法が一般的といわれます。

 

ホルモン補充療法(HRT)の効果と副作用

HRTには、血管を守り動脈硬化を予防し、悪玉コレステロールを下げる働きがあるそうです。

老化に伴う例えば、アルツハイマーを防ぎ尿失禁なども予防や改善にも効果的。

皮膚のコラーゲン量や皮脂量がアップするなど、肌の弾力やシワ・くすみの改善にも
効果は大きいそうです。

 

ただ、やっぱり副作用もあったりします。

乳房のハリ・下腹部のハリなどを感じる場合や、性器出血もあるようです。

薬の飲み方や、投与の方法などHRTは、自分の体に合わせて、
変えられるようなので、医師と相談しながら試してみるのがいいと思います。

 

HRTは、いつからどれくらい続ければいいのかしら?

ホルモン補充療法を、ずーっと続けていればいいのか?
というのも、どうだろうかと思います。

 

更年期障害の治療ならば、閉経前後に初めて症状が改善するのを、
自分で確かめてから、続けるといいといいます。

 

2年から5年で終了するのが一般的と言われています。

 

とりあえず1ヶ月くらい使ってみる。

私の場合は、治療方法を知らなかったし、更年期障害も
多分軽いモノなので、治療という治療は受けてはいませんが、
精神的にも、肉体的にも辛いようであれば、こういう治療も取り入れることは
今後の生活にもとってもいいことだと思います。
 

間違った診断をされるより、
更年期障害や女性ホルモンとのかかわり方を、
しっかり受け止めることが、一番大事。
 

HRTは投与方法も薬の種類・飲み方も調整できるので、
まずは検診を受けることをお勧めします。
 
※私の関連サイトで、記載してたものです。

 

 

 

今日の記事はいかがでしたか?
参考になったら、ぽちっとクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール


はじめまして、どりです。
50歳を迎えました。
まだまだこれから!!
だからこそ、元気でキレイに
過ごせるように・・・・
更年期もポジティブに・・・・・

⇒ もっと詳しくプロフィール

◆お問い合わせ◆
相互リンク募集中!!
気軽にお問い合わせくださいね♪
⇒ 問い合わせフォーム