40歳から意識したい更年期、女性ならだれでも通る道。 新しいホルモン環境に心と体が慣れるための準備期間です。 ネガティブなことばかりではなく、この時期こそ元気をチャージするチャンス!! セルフケアと元気サプリで更年期を乗り切るヒントをご紹介します。

女性ホルモンの役割・働きを知っとこ!

更年期に入ると、症状のことや予防のことばかり気になったりしますが、
実は女性ホルモンの働きが、全てに関わってくる・・・・
 

ということを、認識しておくとちょっと心が安心します。
改めて・・・なんですが・・・・
【女性ホルモン】の役割を知っておきましょう。

 

 

女性のカラダと女性ホルモン女性のカラダは、女性ホルモンにコントロールされている・・・
といわれています。

 

どんだけ、女性ホルモンの恩恵・影響をうけているか・・・
ということなんですよね。

 

 

ホルモン状態が不安定な更年期の時期は、
脳の下垂体から分泌されるFSH(卵胞刺激ホルモン)というホルモンが、
卵巣を刺激することで、分泌されるそう。

 

月経不順の原因は、そのFSHに卵巣ががんばって応えているからだそう。

 

女性ホルモンの大きな役割としては【月経を起こすこと】

妊娠を助け、維持することが大きな役割ですね。
女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、
この2つの働きによって、月経サイクルが生まれてくるわけです。

 

女性ホルモンについては、以前記事でも書いているので、
参考に読んでみてください。
女性ホルモンと更年期の関係性とは?
女性ホルモンの変化によって、女性のカラダも心も大きな変化が表れてきます。
女性ホルモンが減少することによって起こる更年期の症状。

女性ホルモンは、沢山の働きをしているんだ・・・・
ということを、知っておくと閉経前・閉経後の準備ができるということです。

 

 

女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の役割。

2種類の女性ホルモンの役割をまとめてみました。

エストロゲン(卵胞ホルモン) プロゲステロン(黄体ホルモン)
女性らしさを作るホルモン

  • 血管を強くする。
  • 骨を強くする。
  • 肌の潤いを保つ。
  • 動脈硬化を予防する。
  • 善玉コレステロールを増やす。
  • 物忘れを予防する。
  • 内臓肥満を予防する。
  • 髪にツヤを与える。
妊娠に関わるホルモン

  • 子宮内膜や子宮筋の働きを調節する。
  • 乳腺を発育させる。
  • 血糖値を正常にする。
  • 体内の水分量を調整する。
  • 利尿作用がある。
  • 食欲を促す。
  • 睡眠を助ける。
  • イライラ・憂鬱になる。

更年期世代に入ると、女性ホルモンの減少により、
上記にまとめた女性ホルモンからの恩恵が受けられなくなる・・・
ということが、解りますよね。

 

エストロゲン・プロゲステロン2つのホルモンバランスの乱れから、
様々な症状が現れるということ。

 

更年期に入って今まで普通だったカラダに変化が起き、
症状が悪化することによって、生活に支障が出るほど症状が悪化することが、
更年期障害です。
女性ホルモンの減少の影響を抑えるために、
閉経前からのセルフケアってとても大事。

 

生活習慣などの見直しや、サプリメントなどで
女性ホルモンのパワーをフォローしてあげましょう!!

 

 

 

今日の記事はいかがでしたか?
参考になったら、ぽちっとクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール


はじめまして、どりです。
50歳を迎えました。
まだまだこれから!!
だからこそ、元気でキレイに
過ごせるように・・・・
更年期もポジティブに・・・・・

⇒ もっと詳しくプロフィール

◆お問い合わせ◆
相互リンク募集中!!
気軽にお問い合わせくださいね♪
⇒ 問い合わせフォーム